症状固定しましょう

Permalink

症状固定は、後遺障害等級の認定手続きをするために行う手段です。症状固定は、損害賠償上で「治療の終了」を意味し、症状固定より前の傷害について、治療費、休業損害、入通院慰謝料、交通費などを請求することができます。症状固定後に残った症状が「後遺障害」であり、 認定された等級に応じ、後遺障害慰謝料、逸失利益などを請求することになります。

そのための、後遺障害等級の認定手続きでは、症状固定後に残った症状を調査し、審査を行うことになり、 症状固定をしないのなら後遺障害等級認定の申請手続を行うことが出来ないという意味なのです。

治療を継続するかどうかの判断目安として、概ね6ヶ月程度という考え方が一般的のようです。ただし、あくまでも目安に過ぎず、ケガの状態によっては、症状固定まで1年以上必要な時もあります。医師と相談しながらタイミングを見極めるということも大事になってきます。

そのとき、保険会社は、あなたに対して、そろそろ症状固定しましょうと言ってくるかもしれません……。保険会社は交通事故の被害者であるあなたの味方ではなく、単に営利企業に過ぎないのです。示談交渉を有利に進めたいという思いも強くあります。保険会社の損害賠償金は、裁判によって認められる「弁護士基準」を大幅に下回ることが多いようです。